マイナンバー制度でキャバクラ関係者がすべき対応 | EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~
閉じる
  1. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  2. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  3. 妻の浮気を見破る方法
  4. 経皮毒はデマか?
  5. 抗生物質は風邪に効く?
  6. はじめに
閉じる
閉じる
  1. 電力自由化のメリット
  2. 電力アグリゲーターと発送電分離とは?
  3. 蓄電池が売れている理由
  4. デマンドレスポンスとHEMSとは??
  5. ココナッツオイルのアトピー効果
  6. ココナッツオイルの効果
  7. マイナンバー管理システムの費用以外の検討ポイント3つ!
  8. 将来の仕事が不安な人が必ず知るべきこと
  9. 白菜を長持ちさせる保存方法
  10. 玉ねぎを長持ちさせる保存方法
閉じる

EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~

マイナンバー制度でキャバクラ関係者がすべき対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、マイナンバー制度のスタートが目前に迫って来ました。

10月から国民それぞれにマイナンバーが交付されるとの事だったので、人によっては自身のマイナンバーを既に手にされた方も多いのではないでしょうか?マイナンバー制度は国民総背番号制とも呼ばれ、国民一人一人を管理する為にそれぞれに番号が割り振られる仕組みです。

将来的には行政に対する手続きなどが、その番号を用いて行える様になり、今まで手間がかかって面倒だった様々な事が簡潔に行える様になります。また、行政側としては国民一人一人を今までと比較すると、圧倒的に管理しやすくなる為、社会保障や年金などの管理が効率的になると言われています。また、将来的に個人の資産にまでマイナンバーが紐付けされる事になると、今までグレーだった部分のうちの一部に課税する事ができ、税金をより適正に徴収する事にも繋がります。

さらに、マイナンバー制度には心配されている点も多々あり、その内の一つが個人情報の流出です。情報社会の現代においては、マイナンバー制度は非常にリスクの高いものであり、その管理には莫大な労力や費用が必要になります。

現段階でマイナンバー制度が始まる事によって影響を受ける方の一つとして言われているのが、風俗やキャバクラの仕事など、夜の仕事をしている方たちです。そういった職業の方の多くは、家族や人に職業を隠している事が多く、また、昼間は別の仕事をしていて夜の副業として行っている方も多々いらっしゃいます。

そういった方については、マイナンバー制度が開始される事によって、自身の経歴や現在の職業が流出する事によって、様々な意味においての被害を被る事になります。まだ、実際に制度は開始されていないので、あくまで憶測ではありますが、制度が開始する事で夜の仕事を出来なくなる人が増えると考えられています。

実際のところ何がヤバイの?
結論から言ってしまえば、税金と副業バレについてでしょう。

税金については、払っていないキャバ嬢も多いでしょうし、副業として昼間は会社員で働いている方もいると思います。その場合、副業がばれてしまうという可能性もあります。

税金については、最悪脱税とみなされて、恐ろしい延滞金を支払わせられる可能性もあります。実際、未納の多い国民年金ですら、本気で国は回収しにきています。督促状が届いて、支払わないと差し押さえをするぞと脅されたという方も多いです。

それであれば、税金についてはなおさら取りに来る可能性が高いと思います。税金については、脱税への罰則が厳しいことからも、国が本気で来た場合にはかなりヤバイことになります。当然の事ながらその場合にはサラ金なみの利息を取られます。

無責任に、大丈夫だと言っているサイトも見かけますが、そんな根拠のないものに安心していいのでしょうか?いまからでも税理士に相談して納めた方が身のためだと思います。万が一、ニュースにでもなった場合、今のネットでの個人に対する叩き方をみると最悪人生が終わるレベルの仕打ちを受ける可能性もあります。キャバ嬢はクソだ、潰せ、金を取り立てろという意見も、非モテのネット住民を中心に声高に叫ばれていますので。

名前や店名が出たら、すぐに特定され、いやがらせを受けることになるでしょう。

副業についても同様です。マイナンバーで副業はバレないといっている無責任なサイト等もありますが、そんなことはありません。もっとも、マイナンバー関係なしにバレるリスクはありますが、マイナンバーでよりバレ易くなるというだけです。

副業がばれた時の判断は、あくまで勤め先の会社の判断で、普段の信頼関係や社風だとは思いますが、正直あまり良い方向に転ぶとは思えません。バレてもいいと思っている人は、マイナンバーのことなど気にもしていないでしょうし、逆に気になっているのでしたら、会社にばれたら少なくともプラスにはならないという人だけでしょう。

このあたりのところは、専門家ですら良く分かっていないというか、まだマイナンバーが無理やり始まった感のある制度のため、どうなるか分からないというのが正直なところです。

関連記事

  1. マイナンバー制度で初の逮捕者

  2. マイナンバー管理システムの費用以外の検討ポイント3つ!

  3. マイナンバーのなりすまし対策やマイナンバーカードの悪用事例

  4. マイナンバー制度の概要とマイナンバーカードについて

  5. マイナンバーで社会保険未加入企業がヤバイ!?

  6. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?

おすすめ記事

  1. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  2. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  3. 妻の浮気を見破る方法
  4. 経皮毒はデマか?
  5. 抗生物質は風邪に効く?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ページ上部へ戻る