マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか? | EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~
閉じる
  1. 経皮毒はデマか?
  2. 抗生物質は風邪に効く?
  3. はじめに
  4. 妻の浮気を見破る方法
  5. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  6. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
閉じる
閉じる
  1. 電力自由化のメリット
  2. 電力アグリゲーターと発送電分離とは?
  3. 蓄電池が売れている理由
  4. デマンドレスポンスとHEMSとは??
  5. ココナッツオイルのアトピー効果
  6. ココナッツオイルの効果
  7. マイナンバー管理システムの費用以外の検討ポイント3つ!
  8. 将来の仕事が不安な人が必ず知るべきこと
  9. 白菜を長持ちさせる保存方法
  10. 玉ねぎを長持ちさせる保存方法
閉じる

EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~

マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナンバー制度で風俗業界に起こると予想されているのは、下記のことです。

脱税がバレる
風俗で働いていることがバレる

なぜ、こんなことが起こるのでしょうか??

マイナンバー制度で風俗店は、給料を誰に支払ったかを、正確に報告する必要が出てくるのです。(マイナンバー制度でなくても本当は必要だったのですが…)

つまり・・・

給料を誰にも支払っていないことにするのは難しい
架空の人物に支払ったことにするのも出来ない

ということなのです。

でも給料が手渡しなら、関係なくね?

そう思っている方が多いですが、ちょっとだけ考えてください。

講座

風俗店が、

「うちの店は、給料を誰にも支払っていないんですよ」ってことが考えられますか??

普通に考えて、絶対にありえないですよね??
じゃあ、誰に払ってるの?ってなります。

だったら、これはどうでしょうか。
「架空の山田花子さんに給料を支払ったことにしよう!」

講座

出来ません!

マイナンバーで国民全員が番号で管理されますので、架空の人物に給料を払ったことには出来ません。(もちろんこれまでも出来ませんでしたが、、)

簡単に言うと、脱税については、こういうことから発覚すると言われています。
繰り返しますが、これは、給料が手渡しか振り込みかは関係ありません。

風俗で働いているのがバレるのはなぜ??

そして、風俗で働いていることがバレるのでは?という問題ですが、これも、基本的にはバレないです。しかし、バレやすくなるということです。

そりゃそうです。政府や税務署、警察が、わざわざ、あなたの家族に、あなたがどこどこの風俗店で働いていますよ!なんて言うわけがないじゃないですか。(笑)

では、どうしてバレやすくなるのか??

これは、税金や社会保障、健康保険などからです。マイナンバーで、これらが繋がりますので、以下のようなことが起こると予想されます。

風俗の給料があるのに税金を払っていないと税務調査される

旦那や父親の”扶養”に入っているが、国民健康保険に入る必要がある
風俗の給料がある為です。

住民税の金額から会社に副業をしているのではないかと疑われる
住民税は会社が払っていますので、風俗の仕事と会社の給料の合算した高い住民税が会社に届きます。

生活保護をもらっているのに実は、収入源があることが発覚する
色々調べられます。

こういうことから、怪しまれますので、
旦那や家族に問いただされる
探偵でも雇われて発覚する

こういった流れで風俗勤務がバレると予想されます。バレなくても、何か怪しいことをしているのでは?と思われやすくなります。また、下記にも一度目を通して下さい。

風俗で働いていれば、個人事業主として確定申告の必要があります。

個人事業主ならば、国民健康保険への加入となります。

年金も国民年金となります。

副業風俗の場合、高い住民税の請求が会社に来てバレます。
普通の会社に勤めている場合、会社が住民税を支払っていますので、風俗の稼ぎと会社の給料を合算した住民税の請求が会社に届くので、副業をしていることがバレます。副業バレについては、>>副業がバレる理由のページへ

風俗の給料があるのに生活保護を受給していれば、バレます。
最悪の場合、あなたの名前や働いているお店が特定されてネットに書き込まれる可能性もあります。

講座

どうでしょう。

うわーー。という感じですか?

かなりムカつくくらい、色んなことがバレてやりづらくなる可能性が分かりましたでしょうか?

個人事業主であれば、確定申告は必要ですし、国民健康保険・国民年金になるのは事実です。しかし、こういった心配事が必ず起こるわけではありませんが、対処法や予防策の打ち手をしておいた方が良いとは思います。

必要以上に恐れることもありませんが、かといって、軽い気持ちで「なんとかなるだろう」と思っていると、非常にまずいことになる可能性は感じたかと思います。

実際の所はどんな状況になるのか?
講座

マイナンバーが始まると、実際の所どうなのでしょうか?

本当に、取り締まりが強化されるのか?脱税関連で次々と摘発されるのか?

こればかりは、本当になんとも言えません。インターネットでも様々な意見に分かれています。それは、なぜでしょうか?

講座 ちょっと考えてみてください!!

講座

考えてみれば、政府や警察や税務署などが本気で取り締まれば、これまでも脱税なども、もちろん取り締まることは出来たはずです。

なぜ、これまではやらなかったのでしょうか?

理由は、あくまで予想ですが

手間がかかること
風俗がなくなっても困る

ということが考えられます。まず、取り締まるにしてもかなりの時間や手間がかかります。脱税の問題や犯罪その他の問題は、何も風俗業界だけではありませんし、税務署や国税も暇ではありません。よほど目立った案件以外は基本的に華麗にスルーです。

講座

また、警察官が風俗好き(らしい)もあるかと思いますが、実際、モテない男性や日頃のストレス発散、欲求不満の為に、風俗は必要な存在です。

風俗がなくなれば、性犯罪も増加するとも言われています。

おそらくですが…

こういった理由から、これまでは緩めの取り締まりだったと思われます。

しかし、マイナンバー制度が始まると、これが変わるかもしれません!!

だから、一部の風俗業界の方は、
マイナンバーを恐れているのです。

なぜでしょうか?

脱税の発覚や調査が簡単になる
見せしめの取り締まり

この2点です。

 

マイナンバー制度では、個人や会社が支払っている給料や、税金や受けている社会保障の状況などが簡単に分かります。

なので、生活保護や旦那の扶養に入っているのに、給料が高い場合や、給料が高いのに税金を払っていない、給料があるのに生活保護を受けている、とかっていうことが簡単に分かる仕組みになっているからです。

 

また、日本の財政状況はかなり厳しいです。日本の資産状況を例えるなら、年収400万円の人が、借金が1億円あり、毎年800万円使っていている。という完全に破綻しているものです。

一人のサラリーマンに例えるならば…

収入 400万円
支出 800万円
借金 1億円

これが、今の日本の財政状況です。

ですので、そろそろ、風俗業、風俗嬢の方にも、それなりにきちんと税金を支払ってもらわなければならないと思っているはずです。もちろん、他の業種でもそうですが…
※てか、国のバカな金の使い方のツケをウチらに回すなよ!ってのは置いておいてですが…

見せしめの取り締まりが始まる…

その見せしめの第一弾として、小さな金額の脱税や節税でも摘発が行われるのでは?とも言われています。

 

年収数千万円とかの人の場合、税務調査が入ることも多かったです。年収2000万円までは、それほど心配しなくても良いとも言われていましたが、当然、対象に入ってくるでしょうし、一般的な年収の500万円くらいの人も内容により脱税で摘発されることも考えられます。

これは、あくまで見せしめですので、ランダムかもしれません。脱税に身に覚えがある人からすると、身近な人でそれほどの金額を稼いでいたり、脱税をしているわけではない人に税務調査が来てヤバイことになった、ということであれば、きちんと税金を払おうと思いますよね??

おそらく、見せしめ摘発ラッシュがここ数年の間に来るのではないか?と私は予想しています。もちろん、来ないかもしれません。あくまで可能性ということで、当サイトも参考程度にして頂ければと思います。

 

 

マイナンバー制度の施行で、一番憤っているのが、実は、風俗マニアの方のようです。風俗が趣味の方からすると、マイナンバー制度でお店が潰れたり、風俗嬢の人数が減るなどして楽しみが減ってしまうのでは?と心配している方も多いようです。

関連記事

  1. マイナンバー制度でキャバクラ関係者がすべき対応

  2. 精神保健福祉士の仕事内容、受験資格、就職先などを分かりやすく解説…

  3. マイナンバー管理システムの費用以外の検討ポイント3つ!

  4. マイナンバー制度の概要とマイナンバーカードについて

  5. 電力小売り完全自由化について

  6. マイナンバーで副業がバレる理由を徹底解説!

おすすめ記事

  1. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  2. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  3. 妻の浮気を見破る方法
  4. 経皮毒はデマか?
  5. 抗生物質は風邪に効く?




ページ上部へ戻る