探偵事務所を探す方法 | EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~
閉じる
  1. 妻の浮気を見破る方法
  2. 経皮毒はデマか?
  3. はじめに
  4. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  5. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  6. 抗生物質は風邪に効く?
閉じる
閉じる
  1. 電力自由化のメリット
  2. 電力アグリゲーターと発送電分離とは?
  3. 蓄電池が売れている理由
  4. デマンドレスポンスとHEMSとは??
  5. ココナッツオイルのアトピー効果
  6. ココナッツオイルの効果
  7. マイナンバー管理システムの費用以外の検討ポイント3つ!
  8. 将来の仕事が不安な人が必ず知るべきこと
  9. 白菜を長持ちさせる保存方法
  10. 玉ねぎを長持ちさせる保存方法
閉じる

EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~

探偵事務所を探す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、探偵事務所を探す方法です。

料金体系が探偵事務所を比べる場合にはポイントになります。利用する人の立場から見ると、可能限り安く探偵事務所に依頼したいのですが、必ずしも調査のレベルと料金は比例しないので、料金が単に安いというのみで探偵事務所を選択すると先々後悔するようになります。
また、探偵事務所によって料金体系は非常に違っており、どこまでの費用が基本料金に入っているかということは詳細に確認することが必要です。分かりやすく3日間でいくらと調査費用として明示されていた場合でも、この料金に入っていない費用があることもあります。例えば、調査の距離が遠くなったような場合の宿泊費や交通費、車の追加や調査員の追加が必要な場合の費用、あるいは基本料金とは別に調査報告書の費用が請求される場合もあります。そのため、どのような費用が基本料金に入っているかについては詳細に確認しましょう。

また、探偵事務所の規模に関しても探偵事務所を比べる場合には確認する必要があります。しかしながら、必ずしも大手の探偵事務所の方が心配ないということではなく、逆に中小の探偵事務所であるため軽いフットワークで、柔軟にこちらの希望に対応してくれるようなこともあります。

一般的には、大手の会社であれば心配ないというように考えますが、探偵の業界においては、それぞれの探偵事務所によって非常に調査力が違うこともあります。そのため、一律に大きな探偵事務所であればいいということではなく、詳細に確認することが大切になります。

格安の探偵事務所は結局どこ?

安かろう悪かろうでは仕方がないですし、結局追加料金で高くつくということもあり得ます。

ですので、調査力の高い大手でない探偵会社がオススメです。なぜかというと、大手は、事務所の費用やスタッフを雇用している費用など固定費も高いため、なかなか安くできません。また、値下げの融通も効かないことが多いです。

一方、中小規模の探偵会社の場合、事務所の費用も抑えていますし、広告費も抑えて紹介などで地道に仕事を取っていることも多いです。また、経験から調査力が高い場合には、尾行する日を絞って1日で結果を出す場合もあります。

これは、極端な例ですが、要するに尾行する時間が短く済むように依頼者からも出来る限り情報を伝えるなど協力すれば、事情によって費用が抑えられるのが中小の探偵事務所の利点です。

関連記事

  1. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)

  2. マイナンバーで社会保険未加入企業がヤバイ!?

  3. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?

  4. 枝豆の保存方法

  5. マイナンバー検定試験の合格率や難易度は!?

  6. 電力アグリゲーターと発送電分離とは?

おすすめ記事

  1. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  2. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  3. 妻の浮気を見破る方法
  4. 経皮毒はデマか?
  5. 抗生物質は風邪に効く?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ページ上部へ戻る