電力自由化のメリット | EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~
閉じる
  1. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  2. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  3. はじめに
  4. 妻の浮気を見破る方法
  5. 抗生物質は風邪に効く?
  6. 経皮毒はデマか?
閉じる
閉じる
  1. 電力自由化のメリット
  2. 電力アグリゲーターと発送電分離とは?
  3. 蓄電池が売れている理由
  4. デマンドレスポンスとHEMSとは??
  5. ココナッツオイルのアトピー効果
  6. ココナッツオイルの効果
  7. マイナンバー管理システムの費用以外の検討ポイント3つ!
  8. 将来の仕事が不安な人が必ず知るべきこと
  9. 白菜を長持ちさせる保存方法
  10. 玉ねぎを長持ちさせる保存方法
閉じる

EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~

電力自由化のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近テレビや新聞をにぎわす、電力自由化という言葉ですが、実際に電力自由化とは一体どういったものなのかいまいち分かっていない方も多いはずです。電力自由化とは簡単に言えば、現在は大規模な電力会社による独占状態の電力供給システムを、小規模な事業者の参入も認めて、競争をさせることによってより高品位で低価格な商品を生み出して、一般の顧客へのメリット増大させようという考え方です。

電力の自由化に関しては、2016年4月には、国内の家庭向け電力供給が完全自由化される予定になっています。現在、日常生活で使っている電力は、国が定める一般電気事業者(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の10社)が独占的に電力の供給を行っている状態になっています。

このような独占状態の市場に、一般の企業などが参入していくわけですから、その変革というのはとても大きなものになるといえます。
電力自由化は現在も徐々に進行していてい、一部では既に運用が始まっていますが、この電力自由化の部分解禁と共に登場したのが、「新電力」と呼ばれる事業者で、このような事業者は、電力を一般電気事業者の送電網を利用する事業者をいい、これらの事業者は、電力の発電は自分たちで行って、電力の供給を大手電力会社に送電網の使用料を支払って借りることで、電力の供給を行っています。

新電力と呼ばれる事業者の多くは、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーを活用した発電システムに取り組んでいるところが多く、メガソーラーなどの用語が一時注目を集めましたが、これまでの発電システムとは異なる方法で電力供給を実施しようとする面白い取り組みであるともいえます。

すでに、大手企業でも電力自由化に参加しようと、楽天やソフトバンクといった通信業界、ミサワホームやダイワハウスといった不動産業界、旭化成や神戸製鋼といったメーカーなどが電力供給事業に参加しだしていて、この分野は急成長が期待されます。

電力自由化で一般消費者にもたらされるメリットは、まず選択肢が増えること、そして低価格化への期待です。現在は、電力会社を選ぶ余地がありませんが、自由化になれば、自身の生活スタイルに合わせた電力会社を選ぶことが可能になる場合もあります。価格帯も競争が激化すれば、下がっていくのは常ですから、自由化によって一般消費者の家計の負担が減少することが期待されます。

関連記事

  1. HEMS(ヘムス)を設置した人の体験談

  2. 義務化されるかもしれないHEMS(ヘムス)って何??

  3. 探偵事務所を探す方法

  4. はじめに

  5. 蓄電池が売れている理由

  6. デマンドレスポンスとHEMSとは??

おすすめ記事

  1. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  2. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  3. 妻の浮気を見破る方法
  4. 経皮毒はデマか?
  5. 抗生物質は風邪に効く?




ページ上部へ戻る