仮想通貨を分かりやすく | EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~
閉じる
  1. はじめに
  2. 妻の浮気を見破る方法
  3. 抗生物質は風邪に効く?
  4. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  5. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  6. 経皮毒はデマか?
閉じる
閉じる
  1. 電力自由化のメリット
  2. 電力アグリゲーターと発送電分離とは?
  3. 蓄電池が売れている理由
  4. デマンドレスポンスとHEMSとは??
  5. ココナッツオイルのアトピー効果
  6. ココナッツオイルの効果
  7. マイナンバー管理システムの費用以外の検討ポイント3つ!
  8. 将来の仕事が不安な人が必ず知るべきこと
  9. 白菜を長持ちさせる保存方法
  10. 玉ねぎを長持ちさせる保存方法
閉じる

EBIZ-LIFE ~達観した自由人のブログ~

仮想通貨を分かりやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも仮想通貨とは、なんなのでしょうか?

仮想という言葉から

仮の

空想上の

など、実在しない通貨として、虚の存在の通貨だとか、かなりネガティブなイメージを持ってしまっている人も多い様です。

仮想とは、インターネット上のという意味ですので、デジタルと置き換えられます。
仮想通貨自体は、かなり優れた発明でして、暗号通貨とも呼ばれます。

暗号によって、保護されているので、勝手に複製が出来ないものとでもイメージしてもらえれば理解が進むかもしれません。

簡単に言うと、仮想通貨は

インターネット上に存在する通貨
暗号化技術を用いているので、複製(偽造)できない

というものです。考えてみますと、現在の日本円などの現物通貨と、偽造ができない(困難)という意味で共通点があります。そのため、インターネット上の通貨として利用できるのです。

そもそも、なぜ通貨(日本円やドルなど)は価値がある、認められているのでしょう?
基本的には、多くの人がそのお金を価値のあるものとして認め、そのように扱っているからに他なりません。

それでは、その理由はなんでしょうか?
簡単に言えば、

広く普及している
政府の管理や法整備がある
偽造が難しい

というだけの話です。

極端な話、国があまりに税金を無駄遣いをしていて、国民が虐げられているという認識を多くの方が持ち、円という通貨を実質捨てるということも不可能ではありません。

今まで円で支払っていたものを各個人が物々交換をすると言いだしたら、困るのは政府でしょう。当然、納税の義務はありますが、所得がない人からは、税金が取れませんので。

実際にそんなことが起こった場合、全てが物々交換とはいかないと思います。お金の役割の一つに、価値の保存というものがあります。

何かの対価として、1ヶ月分の食料を一度にもらっても食べきれませんので、その価値を保証するものとしてお金の役割があるのです。

ですが、それは日本円でなくてもいいわけです。

極端な例になりましたが、政府の保証というものはある意味、強固なようで、正直、その不条理なルールに縛られていると誰もが薄々感じています。
もっと優れた通貨や決済システムがあれば、乗り換えたり、乗り換えなくとも両方を使い分けるというのは、至極まっとうな考えだと思います。

仮想通貨のメリットは、

決済にかかる時間とコストが非常に低い

ということです。

通常の通貨の場合、振り込み手数料や時間や場所によってATMから引き出すのにも手数料がかかります。また、15時以降の時間帯は翌日に口座に反映されますし、土日祝日を挟めば、休み明けです。

海外送金の場合は、1週間前後かかることも当たり前ですし、数千円の海外送金手数料を徴収されます。

仮想通貨では、これらが、ほぼ0です。
手数料は1円未満のレベルですし、取引にかかる時間は24時間いつでもどこへでも数秒レベルです。

これによってグローバル化した現代社会は大きなメリットを享受できます。また、ATMで手数料を取られることにバカバカしさを感じている人があるタイミングから一気に参入してくる可能性も大いにあります。

ようは、その仮想通貨が使えるのなら、電子マネーのような感覚でメリットのある使い方をした方が全然お得だよね?という感覚になるということです。

エリートサラリーマン以外は、どこか銀行などの金融機関や銀行員などに対して僻みの対象や嫌な存在を持っている方がほとんどだと思います。なにせ、人のお金を他人に貸して利益を上げていますし、自分のお金を引き出すのにも手数料を取られるわけですから。しかも、利子はもはや利子とは言えない利率です。利子に期待をしている人がどれだけいるのでしょうか?

こういった国民感情を考えると、仮想通貨はかなり面白いと思います。先ほど書いた、

広く普及している
政府の管理や法整備がある
偽造が難しい

について、偽造が難しいというか不可能な点はクリアしています。
広く普及する都いう点は、上記の流れから時間が間違いなく解決すると思われます。

最後に、政府などの管理や法整備という点ですが、これまでの流れから、政府や法律というよりも、要はその仮想通貨が信用できるかどうか?ということだと思います。

日本円にしても、政府がしようと思えば、預金封鎖は実際にあったようにいつでも可能ですし、詐欺にあったからといって、お金が返ってくるわけではありません。

この点に関しては、仮想通貨の発行元の信頼性ということになるので、そう簡単に誰もが納得できる状態になるわけではないでしょうが、こちらも少しずつということになるでしょう。

少額の金額を仮想通貨に換えて、便利な使い方をしていく。貯金しておくべきものは、普通預金や定期預金、あるいはその他投資など、金額などに応じて分けていく。

そんな流れが自然だと思います。

 

Bitcoinとは?

そして、Bitcoinとは?仮想通貨とはそもそも何か?

という点なのですが、電子マネーのようでまた違うというところがポイントです。

最近よく見かける JPY(japanese YEN)は、ネット上(仮想上)の日本円です。仮想という言葉が、イメージを悪くしているのかもしれませんが、仮想とはインターネット上のという意味です。

電子マネーは、あくまで仮想上の日本円です。また、Tポイントなどは、発行上限が決まっていません。ですので、あくまで日本円と同価値というか、価値の上下がなく、日本円と切り離した通貨としてはなり得ないのです。

一方、Bitcoinは、発行の上限が決まっていますし、 面白いのが、インターネット上から採掘(マイニング)できる点です。これは、金(GOLD)の採掘と同じ考え方です。地球上に埋もれている金を採掘するような感覚で、ネット上に限られた枚数しか埋まっていないBitcoinを採掘できるのです。

インターネット上の話なので、採掘するには、PCで特殊な計算を行い、暗号を解いていく必要があります。Bitcoinが始まったばかりの頃は、家庭用のPCでも発掘できたらしいですが、今は、企業がスーパーコンピューターなどでかなりのコストをかけて発掘しています。現時点では、コスト負担の方が大きいようです。

このようなことを可能にしたことが、世紀の大発明と言われる所以です。ネット上のGOLDを通貨として扱うということです。あとは、どれだけの人がその価値を認めるかだけです。

言ってみれば、現物の金(GOLD)も貴金属に特に興味がない人からしたら、価値のあるものでもなんでもありません。一般的に、世界中の誰もが、金(GOLD)は、

数に限りがあり
なかなか発掘できない貴重なもので、
不変な性質があり保存ができる

だから価値がある!と常識が出来ているから高値で取引されているというだけなのです。

この物事の本質に気づければ、Bitcoinをはじめとした、仮想通貨の価値が理解できるのではないでしょうか?

仮想通貨今後

関連記事

  1. 探偵事務所を探す方法

  2. デマンドレスポンスとHEMSとは??

  3. 精神保健福祉士の仕事内容、受験資格、就職先などを分かりやすく解説…

  4. 義務化されるかもしれないHEMS(ヘムス)って何??

  5. 電力自由化のメリット

  6. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?

おすすめ記事

  1. マイナンバー制度で風俗業会はどうなるのか?
  2. オススメのヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)
  3. 妻の浮気を見破る方法
  4. 経皮毒はデマか?
  5. 抗生物質は風邪に効く?




ページ上部へ戻る